トヨタとパナソニック、車載電池で新会社=海外勢に対抗、20年末までに

経済・ビジネス

トヨタ自動車とパナソニックは22日、電気自動車(EV)向けなど車載用電池事業を手掛ける新会社を、2020年末までに共同出資で設立すると正式発表した。中国など台頭著しい海外勢に対抗。高性能の次世代型電池の開発や価格競争力の強化を加速させ、国内外の自動車メーカーへ販売拡大を目指す。

新会社の出資比率はトヨタが51%、パナソニックが49%。パナソニックは米EV大手テスラ向けを除き、日本や中国にある車載用電池工場の設備などを新会社へ移管する。トヨタも電池関連の開発・生産技術に関わる設備や人員を新会社へ移す。対象となる両社の従業員数は約3500人。

車載用電池向けの新会社設立を発表するトヨタ自動車とパナソニックの担当者=22日午後、名古屋市中村区車載用電池向けの新会社設立を発表するトヨタ自動車とパナソニックの担当者=22日午後、名古屋市中村区

パナソニックが製造販売している電動車向けの角型リチウムイオン電池(同社提供)パナソニックが製造販売している電動車向けの角型リチウムイオン電池(同社提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 新会社