大坂選手の肌の色で謝罪=日清食品、アニメ広告で-米紙

経済・ビジネス 社会

【ニューヨーク時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は22日、ハイチ出身の父と日本人の母を持つ女子テニスの大坂なおみ選手がアニメキャラクターとして登場する日清食品の動画広告をめぐり、大坂選手の肌の色が実際よりも白く描かれているとの批判が日本で起きていると報じた。同紙の取材に対し、日清食品は「配慮が不十分だった」と電子メールで謝罪したという。

同紙が取り上げたのは「カップヌードル」のアニメ広告。人気漫画「テニスの王子様」の作者、許斐剛さんがキャラクターデザインを手掛け、大坂選手と共に日清食品に所属する男子テニスの錦織圭選手も登場している。

女子テニスの大坂なおみ選手(写真右)の肌の色が実際よりも白く描かれていると批判された日清食品のアニメ広告。写真左は男子テニスの錦織圭選手(日清食品グループ公式チャンネルより)女子テニスの大坂なおみ選手(写真右)の肌の色が実際よりも白く描かれていると批判された日清食品のアニメ広告。写真左は男子テニスの錦織圭選手(日清食品グループ公式チャンネルより)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 社会一般 米国