アイボが家族を見守り=スマホで様子確認-ソニー

経済・ビジネス 技術

ソニーは23日、犬型ペットロボット「aibo(アイボ)」が家庭で子どもや高齢者などを見守る新サービスを始めると発表した。あらかじめ登録された家族を見つけ、その様子をスマートフォンに伝える仕組みだ。

サービスは2月中旬から無償で試行。6月からは月額1598円で提供する。

利用者は見守ってほしい家族の顔などを事前に登録。家の中を歩き回るアイボを通じて、家族の姿を動画で見たり、室内を撮影したりできる。遠くに住む家族の異変をいち早く知ることも可能だ。警備大手セコムと提携し、将来は防犯サービスなどの展開も検討する。

ソニーが発表した犬型ペットロボット「aibo」の新色「チョコ エディション」(同社提供)ソニーが発表した犬型ペットロボット「aibo」の新色「チョコ エディション」(同社提供)

ソニーが発表した犬型ペットロボット「aibo」の新色「チョコ エディション」=23日午後、東京都港区ソニーが発表した犬型ペットロボット「aibo」の新色「チョコ エディション」=23日午後、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 新サービス ロボット ソニー