KDDI、カブドットコム証券に出資=最大1000億円、フィンテック強化

経済・ビジネス

KDDIが、東証1部上場でインターネット専業のカブドットコム証券に、最大1000億円を出資する方向で調整していることが24日、分かった。スマートフォン市場が成熟化する中、ITと金融を融合した「フィンテック」分野を強化し、収益源を多角化する。

携帯電話の契約数で約5300万件に上るKDDIの顧客基盤と、カブドットコム証券のノウハウを活用し、新たな金融サービスを提供する考え。

KDDIはTOB(株式公開買い付け)を通じて株式を取得する。出資比率は5割弱となり、カブドットコム証券は上場廃止になる公算が大きい。来月にも取得価格など詳細を詰め、数カ月以内の株式取得を想定している。

カブドットコム証券には、三菱UFJ証券ホールディングスが52%出資するほか、三菱UFJ銀行も6%を保有。三菱UFJ側は引き続き一定の株式を保有し続ける見通しだ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 資本金