日産、4月中旬に臨時総会=ルノー新会長、取締役に-西川社長、責任問題言及

経済・ビジネス

日産自動車は24日、4月中旬に臨時株主総会を開く方向で検討を始めたと発表した。金融商品取引法違反などの疑いで逮捕・起訴された前会長のカルロス・ゴーン被告と、側近のグレッグ・ケリー被告の取締役解任を決めるとともに、連合を組む仏自動車大手ルノーのジャンドミニク・セナール新会長を取締役に迎える。ゴーン被告の不正問題にけりをつけ、新たな経営体制を整える。

日産の西川広人社長は24日夜、横浜市の本社で記者会見し、ゴーン被告の不正を食い止められなかった責任について「過去の経営陣を含めて非常に重い」と認めた。その上で「会社を軌道に乗せてバトンタッチする。できるだけ早く責任を果たす」と語り、将来の辞任を示唆した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般