沖縄県民投票、全県実施の公算=「どちらでもない」追加、3択に

政治・外交

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設への賛否を問う県民投票をめぐり、県政与野党は24日、選択肢に「どちらでもない」を加えて3択とすることで合意した。29日の県議会本会議で関係条例を改正、全会一致で可決される見通しだ。これにより、全41市町村で投票が実施される公算が大きくなった。

不参加を表明していた5市については、準備の状況次第で投開票日の延期を検討する。その他の市町村では2月24日に予定通り投票が行われるが、開票は遅れて実施した市の投票日に合わせる方向だ。

県民投票は「賛成」「反対」の2択で問うことになっていた。しかし、玉城デニー知事と対立する保守系が優勢な宮古島、宜野湾、沖縄、石垣、うるまの5市が不参加を表明。このうち一部の市長が選択肢を増やすことを求めたことから、玉城氏が3択案を検討するよう社民、共産両党など県政与党に促し、与党側は「どちらでもない」を追加することにした。

県民投票をめぐる与野党協議が合意した後、記者団の質問に答える自民党沖縄県連会長の照屋守之沖縄県議=24日夜、沖縄県議会県民投票をめぐる与野党協議が合意した後、記者団の質問に答える自民党沖縄県連会長の照屋守之沖縄県議=24日夜、沖縄県議会

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 選挙 政党 沖縄