風力発電機の自社生産撤退=独社と提携強化-日立

経済・ビジネス

日立製作所は25日、風力発電機の自社生産から撤退すると発表した。代わりに提携しているドイツ最大手エネルコンからの調達を拡大し、日立が強みを持つ発電設備の運転制御技術や保守サービスと組み合わせて事業展開する。これに伴い、2021年度の再生可能エネルギーの売上高目標は、従来の4000億円から1000億円に引き下げる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 電力 提携・合併・買収 その他エネルギー ドイツ