パイオニア、上場廃止へ=外資傘下に、株主総会承認

経済・ビジネス

パイオニアは25日、東京都内で臨時株主総会を開き、アジア系投資ファンド「ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア」(BPEA)の出資を受け完全子会社となる経営再建策の承認を得た。早ければ3月に上場廃止となる。

パイオニアは主力のカーナビゲーションなどOEM(相手先ブランドでの生産)事業の開発費増大で経営難に陥った。昨年12月にBPEA社が総額1020億円を投じて完全子会社化することを決定。ファンド傘下で構造改革を進め、自動運転向けの製品開発などを急ぐことになった。

パイオニアの森谷浩一社長は25日、株主総会後に記者会見し「企業運営に必要不可欠な資金を確保し、BPEAと一体で再生への第一歩を踏み出せた」と述べた。今後2年程度で生産拠点の統廃合や人員削減などの構造改革を進める。

臨時株主総会後に記者会見するパイオニアの森谷浩一社長(左)と、アジア系投資ファンドのベアリング・プライベート・エクイティ・アジア(BPEA)日本代表のシェーン・プリディーク氏=25日午後、東京都文京区臨時株主総会後に記者会見するパイオニアの森谷浩一社長(左)と、アジア系投資ファンドのベアリング・プライベート・エクイティ・アジア(BPEA)日本代表のシェーン・プリディーク氏=25日午後、東京都文京区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 資金運用・調達・新規上場 提携・合併・買収