「よくぞ我慢、偉い」=北海道の大坂の祖父喜び-全豪テニス

スポーツ

テニスの全豪オープン女子シングルスで優勝を果たした大坂なおみ選手(21)の祖父で、北海道の根室漁業協同組合長の大坂鉄夫さん(74)は26日、根室市役所で報道陣の取材に応じ、「よく我慢してやってくれた。偉いものだ」と、込み上げる喜びをかみしめるように語った。

当初は市役所内で、石垣雅敏市長らと一緒にテレビを見ながら応援する予定だった。しかし、「動きたいけど動けなかった」と試合終了まで自宅で観戦。フルセットの末の勝利に「安心できる勝ち方ではなかったから」と実感を込めた。

大坂選手は、準々決勝後のインタビューで「おじいちゃん、お誕生日おめでとう」とテレビ中継を通じてメッセージを送っており、鉄夫さんは「めんこいと思う。なでてやりたい」と喜んだ。

昨秋の全米オープンに続く四大大会制覇で世界ランキングは1位に。「興奮していて実感がない。メンタルが弱いと言われることもあったがこういう仕事をする。強いなあ」。文字通り世界一になった孫娘を誇った。

石垣市長は市長室で観戦し、「立っていると(大坂選手が)得点を入れることが多いから」と験を担ぎ、試合終盤はほぼ立ちっ放し。「最高にうれしい」と、地元ゆかりの選手の快挙達成に目を細めた。

報道陣の取材に応じる大坂なおみ選手の祖父鉄夫さん=26日午後、北海道根室市役所報道陣の取材に応じる大坂なおみ選手の祖父鉄夫さん=26日午後、北海道根室市役所

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ テニス オーストラリア 北海道