米証取委、日産を調査=現地幹部の報酬問題か

社会

日産自動車は28日、米証券取引委員会(SEC)から、幹部報酬を適切に開示していたかどうかの調査を受けていることを明らかにした。米国の現地幹部が対象とみられる。日産では巨額の役員報酬を隠したなどとして、前会長のカルロス・ゴーン被告が東京地検に逮捕・起訴された。

日産は「SECから問い合わせを受け、全面的に協力している」(広報担当者)と説明しているが、詳細を明らかにしていない。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 米国