イオン、全国で映像通訳サービス導入=外国人接客に活用

経済・ビジネス 旅と暮らし

イオンは29日、外国人の接客用として、スマートフォンやタブレット型多機能携帯端末を使う映像通訳サービス「みえる通訳」を導入すると発表した。従業員が端末で言語を選ぶと担当の通訳オペレーターにつながり、客とのやりとりを翻訳する仕組み。2月1日から全国の「イオン」と「イオンスタイル」の約550店舗で本格的に利用を始める。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 消費者対策 新サービス 東京都 翻訳・通訳