日産・ルノー、31日にトップ会談=連合維持を確認へ

経済・ビジネス

日産自動車の西川広人社長は31日、オランダで仏自動車大手ルノーのジャンドミニク・スナール新会長と初の直接会談を行う。カルロス・ゴーン被告がルノーのトップを退き、新体制が24日に発足したのを機に、三菱自動車を含む3社連合を維持する方針を改めて確認する。

オランダには日産とルノーの統括会社があり、31日から2日間の日程で、3社幹部による定例会議が開かれる。三菱自の益子修最高経営責任者(CEO)は、日本からテレビ会議システムで参加。西川氏は定例会議に合わせてスナール氏と意見交換し、信頼関係の構築を目指す。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 フランス オランダ