高速120キロ試行へ=新東名、東北道の一部-3月から・警察庁

政治・外交

警察庁は30日、新東名高速道路、東北自動車道の一部区間で3月1日午前10時から試験的に最高速度を時速120キロに引き上げると発表した。「110キロの試行で一定の安全が確保できたため」と説明している。

120キロの試行は少なくとも1年間続ける予定。走行速度の変化や事故発生状況を分析し、他の路線・区間での引き上げを検討する。

同庁によると、対象は新東名高速の新静岡-森掛川インターチェンジ間(静岡県、約50キロ)と東北道花巻南-盛岡南インターチェンジ間(岩手県、約27キロ)の上下線。大型トラックなどは対象外で、80キロのままとする。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 警察・治安 運輸政策