不二越に3件目の賠償判決=元挺身隊員訴訟で控訴棄却-韓国

社会

【ソウル時事】戦時中に挺身(ていしん)隊員として過酷な労働を強いられたとして、韓国人女性5人が大手工作機械メーカー、不二越(東京)に損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、ソウル高裁は30日、1人当たり1億ウォン(約1000万円)、総額5億ウォン(約5000万円)の支払いを命じた一審判決を支持、同社の控訴を棄却した。

元挺身隊員訴訟で不二越の控訴棄却は3件目。不二越経営企画部は「当社の主張が認められず、遺憾だ。(3件いずれも)上告審で正当性を主張していく」との方針を示した。原告の一人、金玉順さん(89)は記者団に「不二越には一日も早く(賠償金を)支払ってほしい」と語った。

不二越に賠償を命じた元挺身(ていしん)隊員訴訟の控訴審判決を受け、記者団に話す原告の金玉順さん(中央)=30日、ソウル不二越に賠償を命じた元挺身(ていしん)隊員訴訟の控訴審判決を受け、記者団に話す原告の金玉順さん(中央)=30日、ソウル

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 韓国