放射性物質漏えいで警報=作業員9人、被ばくなし-原子力機構

社会 科学 技術

日本原子力研究開発機構は30日、茨城県東海村の核燃料サイクル工学研究所の管理区域内で、放射性物質の漏えいを知らせる警報が鳴ったと発表した。施設内では男性作業員9人が作業中だったが、いずれも内部被ばくや身体の汚染はなく、外部への放射性物質漏えいもないとしている。

原子力機構によると、30日午後2時25分ごろ、プルトニウム燃料第2開発室で、プルトニウムなどの漏えいを検知するモニターの警報が鳴った。当時、作業員がウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料の粉末が入ったステンレス製容器を覆う袋を交換していたという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事故 安全・危機管理 科学技術(理系的) 科学 技術