伊藤忠、デサントにTOB=比率4割に、経営陣の刷新要求

経済・ビジネス

伊藤忠商事は31日、対立するスポーツ用品販売のデサントに対し、TOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。伊藤忠は出資比率を現在の30.44%から40%に引き上げ、株主総会に向け事業再編など重要案件に対する拒否権を握り、デサント経営陣の刷新を要求する。

デサントはTOBへの賛否を直ちに明らかにせず「速やかに見解を公表する」とコメントした。デサントが反対を決めれば、敵対的TOBに発展する可能性がある。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収