安倍首相、統計不正「厳正に検証」=代表質問、参院でもスタート

政治・外交

安倍晋三首相の施政方針演説に対する各党代表質問が31日午前、参院本会議でも始まった。首相は、厚生労働省による毎月勤労統計の不正調査に関する特別監察委員会の再検証について「より独立性を強める形で厳正に作業を進めてもらっている。批判は真摯(しんし)に受け止め、再発防止に全力を尽くす」と強調した。国民民主党の榛葉賀津也参院幹事長への答弁。

榛葉氏は雇用保険などの追加給付に関し「全員の給付をいつまでに完結するのか」と追及。根本匠厚労相は「できる限り速やかに、完全な手続きで多くの方に支払っていくよう万全を期して必要な対策を講じていく」と語った。

参院本会議で質問する国民民主党の榛葉賀津也参院幹事長(手前)。後方は安倍晋三首相=31日午前、国会内参院本会議で質問する国民民主党の榛葉賀津也参院幹事長(手前)。後方は安倍晋三首相=31日午前、国会内

参院本会議で答弁する安倍晋三首相(手前)。右奥は根本匠厚労相=31日午前、国会内参院本会議で答弁する安倍晋三首相(手前)。右奥は根本匠厚労相=31日午前、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会 政党