野村HD、1000億円超の赤字=リーマン以来、海外で減損-4~12月期

経済・ビジネス

野村ホールディングスが31日発表した2018年4~12月期連結決算は、純損益が1012億円の赤字(前年同期は1966億円の黒字)に転落した。4~12月期で1000億円超の赤字は、リーマン・ショックがあった08年以来、10年ぶり。米中貿易摩擦などで金融市場の不透明感が強まり、主要部門が軒並み苦戦。海外事業を中心に814億円の減損損失を計上した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想