ZOZO、上場来初の減益へ=ゾゾスーツ効果薄く-19年3月期

経済・ビジネス

衣料通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZO(ゾゾ)は31日、2019年3月期の連結純利益が前年同期に比べ約12%減の178億円になる見通しだと発表した。体の寸法を計測できる全身タイツ「ゾゾスーツ」を大量に無料配布したが、販売促進につながらず収益を圧迫。従来予想280億円からは4割減り、2007年の上場以来初の減益となる。

売上高は従来予想を2割下回る1180億円、本業のもうけを示す営業利益も3割減の265億円にとどまる見通し。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想