逮捕の男「車内で殺した」=穴掘り、遺体埋める-不明女子大生と確認・警視庁

社会

昨年11月から行方不明になっている東京都葛飾区の女子大学生とみられる遺体が茨城県神栖市で見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された広瀬晃一容疑者(35)が「畑付近まで行き、車の中で殺した」と供述していることが31日、警視庁捜査1課への取材で分かった。同課はまた、遺体について、同区西亀有、日本薬科大1年菊池捺未さん=当時(18)=と確認したと発表した。

広瀬容疑者は「女性に騒がれ、殺した。遺体は埋めた」とも供述。同課は、何らかの理由で菊池さんを誘い出し殺害に至ったとみて、殺人容疑を視野に詳しい経緯などを調べる。

同課によると、遺体は広瀬容疑者の神栖市の自宅から約15キロ離れた同市須田の畑に埋められていた。地面から約50センチ下の土の中で見つかっており、同容疑者が穴を掘って隠したとみられる。

遺棄現場へ向かうために使ったのは、広瀬容疑者が当時勤務していた建築会社の車だった。同課が1月下旬に押収して車内を調べたが、血痕などは確認されなかった。

警視庁亀有署を出る広瀬晃一容疑者(中央)=31日午後、東京都葛飾区警視庁亀有署を出る広瀬晃一容疑者(中央)=31日午後、東京都葛飾区

警視庁亀有署に運び込まれた広瀬晃一容疑者が使用していたとみられる車両=24日、東京都葛飾区警視庁亀有署に運び込まれた広瀬晃一容疑者が使用していたとみられる車両=24日、東京都葛飾区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 東京都