明石市長が辞職表明=職員に暴言「資質欠いた」-兵庫

政治・外交 社会

兵庫県明石市の泉房穂市長(55)は1日、職員に暴言を浴びせた問題の責任を取り、辞職する意向を正式に表明した。同日、市役所で記者会見し、「リーダーとしての資質を欠いているのは明らかだ」と述べた。出直し市長選への出馬の可能性については「多くの人の意見を聞きたい」とし、明言を避けた。

泉市長は同日、2日付の辞職願を市議会議長に提出した。市議会は2日に臨時会を開き、辞職への同意を諮る。市選挙管理委員会によると、市議会議長から選管に辞職の通知が届いた翌日から50日以内に市長選が実施される。

会見で、泉市長は「断じて許される行為ではなく、辞職以外にはないと考えた」と理由を説明。暴言に関しては「怒りの感情をコントロールできない自身の欠点だった」と反省の弁を述べた。

一方、自らの辞職に伴う市長選への出馬の可能性を問われると、「まだ考えられる段階にはない」「今は気持ちがまとまらない」と繰り返した。

泉市長は2017年6月、JR明石駅前の道路拡幅工事でビルの用地買収が難航し、計画が遅れていたことに関し、担当幹部に「火つけて捕まってこい。損害賠償は個人で負え」「あほちゃう。辞表出しても許さん」などと発言。先月29日の会見で「パワハラだった」と認めつつも、「(4月の市長選で)市民の判断を仰ぎたい」と、当初は辞職を否定していた。

記者会見で頭を下げる兵庫県明石市の泉房穂市長=1日午後、明石市役所記者会見で頭を下げる兵庫県明石市の泉房穂市長=1日午後、明石市役所

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) 社会一般 兵庫県