細田監督「未来のミライ」に米アニー賞=長編インディペンデント部門

社会 文化

【ロサンゼルス時事】優れたアニメ作品を表彰する第46回米アニー賞(国際アニメ映画協会主催)が2日(日本時間3日)発表され、細田守監督の「未来のミライ」が長編インディペンデント作品賞に輝いた。

同作は、4歳の男の子が、未来からやって来た妹と共に家族のルーツをめぐる不思議な旅に出る物語。自身の幼い子をモデルにしたという細田監督は、授賞式で「小さい子と過ごすって何て素晴らしいんだと思って映画にした」と喜びを語った。

第46回米アニー賞の長編インディペンデント作品賞を受賞した細田守監督の「未来のミライ」((C)2018スタジオ地図)第46回米アニー賞の長編インディペンデント作品賞を受賞した細田守監督の「未来のミライ」((C)2018スタジオ地図)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 芸能 文化 米国