タクシーの車いす乗降作業を簡略化=トヨタが専用車改良

経済・ビジネス

トヨタ自動車は4日、車いすのまま乗車できるタクシー専用車「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」について、車いす乗降作業を簡略化する対応を行うと発表した。部品交換などにより、作業時間を従来の約10分から3~4分に短縮する。月内から販売済み車両への対応を始める。費用はトヨタが負担する。

トヨタは2017年10月、ジャパンタクシーを発売。しかし、スロープの設置作業などが複雑で運転手によっては20分ほどかかることもあった。作業を嫌がる運転手が乗車拒否するケースもあり、車いす利用者らが改善を求めていた。

車いす乗降作業を簡略化する対応を行ったトヨタ自動車のタクシー専用車=1月31日、名古屋市西区車いす乗降作業を簡略化する対応を行ったトヨタ自動車のタクシー専用車=1月31日、名古屋市西区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 消費者対策