「平成財政」に危機感=審議会が初の意見募集-財務省

政治・外交

財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は4日開いた分科会の会合で、財政に関する意見を国民から初めて募集することを決めた。財政審は昨秋の建議で、平成時代の財政について、相次ぐ国債の増発により「厳しい財政状況を後世に押し付けた」と総括。財政健全化を着実に進めるため、意見募集を通じて国民に危機感を共有してもらう狙いがある。

意見の応募期間は4日から4月5日まで。1000字以内で受け付ける。財政審の議論で参考とするほか、今後策定する建議などに反映させることも検討する。

財政制度等審議会の会合後に記者会見する増田寛也分科会長代理=4日、財務省財政制度等審議会の会合後に記者会見する増田寛也分科会長代理=4日、財務省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 財政