日大前監督「傷害指示なし」=書類送付、起訴求めず-アメフット悪質タックル

社会

アメリカンフットボールの悪質タックル問題で、警視庁は5日、刑事告訴されていた日本大の内田正人前監督(63)と井上奨元コーチ(30)の捜査結果をまとめた書類を東京地検立川支部に送った。同庁はこれまでの捜査で、内田、井上両氏が加害選手(20)に対し、相手にけがをさせる指示をしたとは認められないと判断。起訴を求める意見は付けなかった。同支部は両氏を不起訴にするもようだ。

警視庁は加害選手については、実行行為を認め、傷害容疑で書類送検した。同支部は被害選手側と示談が成立していることなどを考慮し、処分内容を慎重に判断する。

問題のタックルは、昨年5月6日に東京都調布市で行われた日大と関西学院大との定期戦であった。日大の加害選手は、ボールを投げ終わり無防備な状態の関学大選手に後ろからタックルし、腰や膝に4週間のけがをさせた。被害選手側は同月、内田、井上両氏を告訴していた。

日大が設置した第三者委員会は、タックルは両氏が指示したと認定した。一方、井上氏は「つぶしてこい」と発言したことは認めたが、けがをさせる意図はなかったと主張。内田氏も指示を全面的に否定した。

警視庁は、現役部員やコーチなど関係者述べ400人以上から事情聴取したほか、試合当日の内田、井上両氏の動きなどをビデオ映像で分析。捜査の結果、両氏が相手にけがをさせるようなタックルを指示したとする客観的証拠は得られなかった。

「つぶせ」の言葉も試合で用いられる場合があり、必ずしもけがをさせる意味では使われていないことが判明した。

内田正人 前日本大学アメリカンフットボール部監督内田正人 前日本大学アメリカンフットボール部監督

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪