日産、今期に91億円計上=報告書訂正も-ゴーン被告の未記載報酬

経済・ビジネス

日産自動車が、前会長カルロス・ゴーン被告の報酬隠し事件に関連し、有価証券報告書(有報)に記載していない約91億円の報酬を2019年3月期決算で一括処理する方針を固めたことが5日、明らかになった。18年4~12月期決算を12日に発表するのに合わせ、費用を計上する。過去にさかのぼって有報も訂正する方針だ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 情報開示