賃金統計不正を調査=「外部の目」で中立性確保-総務省

政治・外交 経済・ビジネス

総務省は6日、厚生労働省の賃金構造基本統計の不正を調査する専門チームを行政評価局に設置すると発表した。菅義偉官房長官は同日の記者会見で「外部の目を入れる観点から、担当府省と異なる立場で行政にメスを入れる」と説明。国会などで問題視されている中立性や客観性の確保が狙いだ。現在は厚労省内部で調査を進めており、これを引き継ぐ。

総務省行政評価局は、各省庁の施策や行政運営を中立的に点検し、改善勧告などを行う。専門チームは十数人で構成し、厚労省職員からのヒアリングや、資料の収集を通じて経緯などの解明を図る。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) 統計