三菱重工社長に泉沢氏=宮永氏は会長に-4月1日

経済・ビジネス 社会

三菱重工業は6日、泉沢清次常務(61)を社長に昇格させる人事を発表した。宮永俊一社長(70)は代表権のない会長に就く。いずれも4月1日付。

同社の社長は4年程度で交代するケースが多かったが、国産初の小型ジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の開発遅れなどで「戦闘状態」(宮永氏)にあるため、社長在任6年目の宮永氏が陣頭指揮を執ってきた。MRJ開発子会社の三菱航空機(愛知県豊山町)の債務超過解消といった懸案に一定のめどが付き、トップの若返りを図った。大宮英明会長(72)は相談役となる。

泉沢清次 三菱重工業次期社長泉沢清次 三菱重工業次期社長

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 人事 東海