トヨタ純利益25%減へ=販売好調も株評価損3100億円-19年3月期

経済・ビジネス

トヨタ自動車は6日、2019年3月期連結業績予想(米国会計基準)を下方修正すると発表した。保有株式の評価損失が3100億円発生し、純利益は前期比25.0%減の1兆8700億円を見込む。従来予想と比べると4300億円の悪化となる。新車販売は堅調を維持するが、昨年末の株価下落が業績を圧迫した。トヨタの純利益が2兆円を下回るのは2年ぶり。

損失が発生したのは、提携している通信会社や自動車会社などの国内株式で、配車サービス大手の米ウーバー・テクノロジーズといった海外企業への投資は含まれないもようだ。

値下がり分の損失処理後、足元で株価は回復傾向にあるという。白柳正義執行役員は記者会見で「将来の競争力を左右するような減益ではない」と述べ、一過性の損失にとどまるとの見方を示した。

売上高は0.4%増の29兆5000億円、本業のもうけを示す営業利益は横ばいの2兆4000億円と、従来予想を据え置いた。ダイハツ工業や日野自動車を含むグループ全体の世界販売台数は過去最高の1055万台を見込む。中国での事業拡大、国内や欧州の販売が堅調なことを受け、従来予想から5万台引き上げた。

2018年4~12月期の連結決算を発表するトヨタ自動車の友山茂樹副社長(右)と白柳正義執行役員=6日午後、東京都文京区2018年4~12月期の連結決算を発表するトヨタ自動車の友山茂樹副社長(右)と白柳正義執行役員=6日午後、東京都文京区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想