豚コレラ、5府県に感染拡大=愛知の施設、異常発見後も出荷-1万6千頭を殺処分

政治・外交

愛知や岐阜など5府県の6養豚場で6日、家畜伝染病「豚コレラ」の発生が確認された。昨年秋以来、野生のイノシシを除けば、岐阜県内だけで相次ぎ発生していたが、一気に広がった。農林水産省も現地で直接指導に乗り出すなど、国を挙げてこれ以上のまん延を阻止する方針だ。

発生が確認されたのは、愛知県豊田市の養豚場や、いずれもこの施設から繁殖用の子豚を仕入れていた同県内の系列施設、岐阜、滋賀、長野各県、大阪府の養豚場。大阪府以外の5カ所が6日、飼育している豚の殺処分に着手した。大阪府も近く実施する予定で、処分される豚は合計約1万6000頭に上る見通し。豊田市の施設は豚の異常な症状を愛知県に報告後も出荷を続けていた。

殺処分を行う職員ら=6日午後、愛知県豊田市(同県提供)殺処分を行う職員ら=6日午後、愛知県豊田市(同県提供)

殺処分を行う職員ら=6日午後、愛知県豊田市(同県提供)殺処分を行う職員ら=6日午後、愛知県豊田市(同県提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 農林水産政策