政府、関係閣僚会議あす開催=児童虐待対策を協議-安倍首相表明

政治・外交

参院予算委員会は7日午前、安倍晋三首相と全閣僚が出席して2018年度第2次補正予算案に関する審議を続行した。首相は、千葉県野田市で小学4年の栗原心愛さんが父親から暴行を受けて死亡した事件を踏まえ、8日に関係閣僚会議を開催すると明らかにした。虐待の可能性のある児童の情報の取り扱いに関する新たなルール策定などについて協議する。公明党の山本香苗氏への答弁。

首相は「子どもが必死の思いで発したSОSを学校や教育委員会が受け止めることができなかった。幼い命を守り切れなかったことは悔やんでも悔やみきれない」と述べた。

関係閣僚会議では、緊急を要する子どもの安全確認の方法や、児童相談所と学校など関係機関の連携強化策も検討する。

厚生労働省の賃金構造基本統計の不正を総務省が調査することに関しては、首相は「統計数値に密接に関わるというよりも、むしろ行政のやり方そのものの問題があり、総務省に担当させることとした」と説明。「総合的に対策を講じて再発防止、統計の品質向上に取り組む」と決意を述べた。山本氏への答弁。

参院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=7日午前、国会内参院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=7日午前、国会内

参院予算委員会で質問する公明党の山本香苗氏=7日午前、国会内参院予算委員会で質問する公明党の山本香苗氏=7日午前、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会