虐待全事案、緊急確認=小4女児死亡受け、1カ月以内に-政府

政治・外交

千葉県野田市の小学4年、栗原心愛さんが死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件を受け、政府は8日の関係閣僚会議で、新たな児童虐待防止対策を取りまとめた。可能性も含めた全ての虐待事案について、児童相談所(児相)などが1カ月以内に子どもが安全かどうか緊急確認し結果を取りまとめる。虐待に関する通告元を明かさないルールを徹底することなども打ち出した。

心愛さんは死亡するまでの約1カ月間、学校を欠席し続けていた。緊急確認では、全国の児相が在宅指導している事案や、公立小中学校、教育委員会が把握している虐待の疑いがある子どもについて、目視などで確実に安全を確認するよう求める。

児童虐待防止対策を協議する関係閣僚会議で発言する安倍晋三首相(手前)=8日午前、首相官邸児童虐待防止対策を協議する関係閣僚会議で発言する安倍晋三首相(手前)=8日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 その他政策(社会面向け) 東京都