堺屋太一氏死去=「団塊の世代」、元経企庁長官-83歳

社会 文化 政治・外交

作家で「団塊の世代」の名付け親として知られる堺屋太一(さかいや・たいち、本名池口小太郎=いけぐち・こたろう)氏が8日午後8時19分、多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。83歳だった。葬儀は17日午後1時から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。喪主は妻史子(ちかこ)さん。

1935年大阪市生まれ。東大経済学部を卒業後、60年通商産業省(現経済産業省)入省。70年に開かれた大阪万博の企画・実施に携わり、日本の高度成長を世界にアピール。経済企画庁(現内閣府)長官も務めた。

堺屋太一さん 作家堺屋太一さん 作家

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文化 行政一般(政治欄向け) 訃報