ルノー新会長、14日訪日=日産社長と会談へ-仏紙

経済・ビジネス

【パリ時事】11日付のフランス紙フィガロは、仏自動車大手ルノーのスナール新会長が14日、就任以来初めて訪日すると報じた。日産自動車の西川広人社長と会談し、カルロス・ゴーン被告の不正問題をめぐって悪化した両社間の信頼回復を目指すという。

スナール氏は1月24日、ゴーン被告の会長兼最高経営責任者(CEO)辞任に伴い、新会長に指名された。スナール氏と西川氏は、アムステルダムで同31日と2月1日に開かれた日産・ルノーと三菱自動車の3社連合幹部会議で初めて会談した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 フランス