競泳の池江選手、白血病を公表=五輪出場見通せず

スポーツ

競泳女子の池江璃花子選手(18)=ルネサンス=が12日、自身のツイッターで白血病と診断されたことを明らかにした。「体調不良でオーストラリアから緊急帰国し、検査を受けた結果、白血病という診断が出ました」と記した。

2020年東京五輪のメダル候補、池江選手の今後について、日本水泳連盟の上野広治副会長は「(東京五輪に)本人は出たかったと思うが、今は分からない」と話した。

池江選手は、治療に専念するため4月の日本選手権出場を断念するとしている。「いまだに信じられず、混乱している状況です。一日でも早く、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います」と心境をつづった。

上野副会長、所属先で池江を指導する三木二郎コーチらが12日に東京都内で記者会見して状況を説明。それによると、池江選手は1月18日から豪州のゴールドコーストで合宿を実施。合宿は今月10日までの予定だったが、体力の著しい低下など異変が見られたため、4日に現地で検査を受けた。詳しい検査が必要になったため8日に帰国した。同日に再検査を受けた結果、白血病と診断され、その日のうちに入院した。

ルネサンスの吉田正昭社長は「(医師から)早期の発見ができたと説明を受けている」とし、上野副会長は池江選手の詳細な病状について「白血病としか言えない。(急性か慢性かは)もう少し時間がかかる」と述べた。三木コーチは「(東京五輪の)可能性はゼロではない。精神面でサポートできたら」と語った。

ジャカルタ・アジア大会競泳女子50メートル自由形で大会6個目の金メダルを獲得し、表彰式で歓声に応える池江璃花子選手=2018年8月24日、ジャカルタジャカルタ・アジア大会競泳女子50メートル自由形で大会6個目の金メダルを獲得し、表彰式で歓声に応える池江璃花子選手=2018年8月24日、ジャカルタ

競泳の池江璃花子選手が白血病を公表したツイッターのメッセージ競泳の池江璃花子選手が白血病を公表したツイッターのメッセージ

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ 水泳