曙ブレーキ、一転赤字予想に=北米不振、取引行は元本返済猶予-19年3月期

経済・ビジネス

自動車部品大手の曙ブレーキ工業は12日、2019年3月期の連結業績予想を下方修正すると発表した。これまで20億円の黒字を見込んでいた純損益は一転し、192億円の赤字に転落する見通し。北米事業での苦境を踏まえ、固定資産の減損損失を135億円計上した。

曙ブレーキは、取引先の米系自動車メーカーが主要車種のモデルチェンジを行った際、部品が採用されずに業績が悪化。1月末には私的整理の一種である事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)を申請し、経営再建を目指している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 米国