経済波及効果、年7600億円=IR誘致で基本構想案-大阪府、市

政治・外交

カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致に向け大阪府と大阪市は12日、観光消費などによるIRの経済波及効果を年間7600億円と想定した基本構想案を発表した。投資規模は9300億円で、誘致先の大阪湾の人工島「夢洲(ゆめしま)」にホテル、国際会議場などを整備する。今春からの府と市によるIR事業者のプラン公募の指針となる。

夢洲は2025年に開かれる国際博覧会(万博)の会場。府と市は、万博に先立つ24年度のIR開業を目指している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 観光 観光政策