KDDI、金融事業を拡充=じぶん銀子会社化、カブコム出資も

経済・ビジネス

KDDIは12日、三菱UFJ銀行と共同出資しているインターネット銀行「じぶん銀行」を連結子会社化すると発表した。4月1日付で中間持ち株会社を設立し、他の金融関連子会社4社とともに傘下に置く。auブランドで展開する国内通信事業の成長が鈍化する中、金融を中心とする非通信部門で収益拡大を狙う。

三菱UFJ証券の子会社であるネット証券大手「カブドットコム証券」のTOB(株式公開買い付け)も行い、出資比率を49%とする計画だ。

KDDIは、じぶん銀への出資比率を50%から約64%に引き上げ、社名を「auじぶん銀行」に変更。カブコム証券については、1株当たり559円で4月下旬からTOBを実施する。TOB後のカブコム証券への出資比率は、現在約53%の三菱UFJ証券が51%、KDDIが49%となり、社名も「auカブコム証券」に改める。

金融事業強化について説明するKDDIの高橋誠社長=12日午後、東京都港区金融事業強化について説明するKDDIの高橋誠社長=12日午後、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収