北海道へ観光列車=JR東と東急が貸し出し

社会 旅と暮らし

経営再建中のJR北海道は12日、JR東日本と東京急行電鉄から観光列車を借り受け、今年夏以降に道内で運行すると発表した。観光客を呼び込み、国の監督命令で求められた収益拡大と道内経済の活性化を狙う。JR東日本と東急は、北海道地震で観光客減少に見舞われた被災地の復興を支援する。

東京都内で記者会見したJR北海道の島田修社長は「国内外から観光客に来てもらい、収益効果を上げられるよう全力を挙げたい」と述べた。

JR東日本は、普段は宮城、山形両県を結ぶ陸羽東線などで運行している「びゅうコースター風っこ」を貸し出す。7月27日から9月8日までの土日や祝日に、宗谷線の「旭川-音威子府」「稚内-音威子府」間をそれぞれ1日1往復する計画。車内は木製のボックスシートで、ガラス窓を取り払えば、北海道の涼風を受けながらサロベツ原野などの自然美を楽しめる。

東急が貸し出すのは、傘下の伊豆急行下田駅とJR横浜駅を結ぶ観光列車「ザ・ロイヤル・エクスプレス」。豪華な内装と料理が売りで、結婚式も行える。運行時期やエリアは未定だが、20年5~8月のうち約1カ月間、札幌から道東エリアで週4日程度走らせる方向で協議する。

JR北海道がJR東日本から借り受ける観光列車「びゅうコースター風っこ」(JR東日本提供)JR北海道がJR東日本から借り受ける観光列車「びゅうコースター風っこ」(JR東日本提供)

JR北海道が東京急行電鉄から借り受ける豪華観光列車「ザ・ロイヤル・エクスプレス」(東急提供)JR北海道が東京急行電鉄から借り受ける豪華観光列車「ザ・ロイヤル・エクスプレス」(東急提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

鉄道 観光 北海道 時事通信ニュース 運輸・交通 JR JR東日本 観光列車 JR北海道 東急電鉄