桜田五輪相、「がっかり」発言を撤回=辞任要求は拒否

政治・外交

桜田義孝五輪担当相は13日午後の衆院予算委員会で、競泳の池江璃花子選手の白血病公表に関して「がっかりしている」「盛り上がりが下火になるか心配だ」と発言したことを認め、「配慮を欠いた」として謝罪、撤回した。野党の辞任要求に対しては「職務を全うできるよう努めていく」と拒否した。

安倍晋三首相は「配慮を欠いた発言」との認識を示す一方、桜田氏が発言を撤回したことを踏まえ「職責を果たしてもらいたい」と続投させる考えを示した。国民民主党の階猛氏への答弁。

桜田氏は12日に取材を受けたとして「まず治療に専念し、元気な姿に戻っていただきたい旨、申し上げた。突然の話にショックを受け、率直に残念である旨の発言をした」と説明した。

衆院予算委員会で、競泳の池江璃花子選手の病気に関する自身の発言について謝罪し、撤回した桜田義孝五輪担当相=13日午後、国会内衆院予算委員会で、競泳の池江璃花子選手の病気に関する自身の発言について謝罪し、撤回した桜田義孝五輪担当相=13日午後、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣