ゴーン被告の大鶴弁護人ら辞任=新たにロス疑惑の弘中氏

社会

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(64)が会社法違反(特別背任)罪などで起訴された事件で、元東京地検特捜部長の大鶴基成氏ら同被告の弁護人2人が13日、東京地裁に辞任届を出したことが分かった。大鶴弁護士が明かした。関係者によると、新たな弁護人には、弘中惇一郎弁護士が就いた。

弘中弁護士は、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)罪の共犯として起訴された前代表取締役グレッグ・ケリー被告(62)の弁護人を務める喜田村洋一弁護士とともに、ロス疑惑や、衆院議員の小沢一郎氏が強制起訴された陸山会事件で無罪を勝ち取った。

大鶴基成弁護士大鶴基成弁護士

弘中惇一郎弁護士弘中惇一郎弁護士

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 東京都