1万2000頭を追加殺処分へ=愛知県、未確認の周辺養豚場-豚コレラ拡大防止で

政治・外交 社会 暮らし

5府県に広がった家畜伝染病「豚コレラ」の問題で、愛知県は14日、田原市の養豚場で県内5カ所目となる新たな感染が見つかったと発表した。農林水産省の要請を受けて、感染が確認されていない周辺施設で飼育している豚約1万2000頭を追加で殺処分する。豚コレラで、発生確認を待たずに殺処分に踏み切るのは初めて。

県によると、13日と14日に豚コレラウイルスが確認された地域は10施設以上が密集する「養豚団地」で、事務所や堆肥場、死んだ豚を保管する冷蔵庫を共有している。このため、農水省は14日、感染拡大を防ぐため、この地域にある全施設での殺処分を助言した。

大村秀章知事は14日の緊急対策会議で自衛隊に派遣を要請。「防疫対策と感染防止に引き続き万全を期す」と述べた。今回の措置により県内で殺処分される豚は、累計で約2万2000頭に達する見通しだ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 農林水産政策 安全・危機管理 食=美食・食の安全 暮らし