開閉会式に130億円=東京五輪経費総額は維持

スポーツ

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、東京都内で理事会を開き、開閉会式の予算上限を現行の91億円から130億円に引き上げることを承認した。

組織委の武藤敏郎事務総長は「全体の予算が増えないように取り組む」と話し、大会経費の総額は昨年12月に公表した1兆3500億円(予備費を除く)を超えないとの見解を示した。開閉会式予算の増額分は、他の支出項目を削減することや、350億円を計上している調整費を充てることなどで賄う。

式典の演出企画骨子が固まり、組織委が必要費用を概算した結果、招致時の立候補ファイルで設定した91億円を大きく超える見込みとなった。組織委によると、12年ロンドン大会は160億円。東京の後の24年パリ大会は148億円、28年ロサンゼルス大会は184億円の見込み。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 東京都