ノーベル賞に「安倍氏から推薦」=トランプ米大統領が会見で言及

政治・外交

【ワシントン時事】トランプ米大統領は15日、ホワイトハウスでの記者会見で、安倍晋三首相からノーベル平和賞選考機関に送ったとされる「推薦状」のコピーを受け取ったと明らかにした。ただ、受け取った時期など詳細には触れなかった。

トランプ氏によると、首相は「日本を代表し、謹んであなたをノーベル平和賞に推薦する」と伝えた。推薦状は「美しい5枚の手紙」だったと説明した。

トランプ氏は安倍首相の「推薦」の理由について、米朝首脳会談をきっかけに「上空を飛来する(北朝鮮の)ミサイルへの懸念が消え去り、安心感を得るようになったからだ」と指摘。同時に「恐らく私が受賞することはないだろうが、それでもいい」と語った。

安倍晋三首相(左)とトランプ米大統領=2018年6月、ワシントン(AFP時事)安倍晋三首相(左)とトランプ米大統領=2018年6月、ワシントン(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 政局 米国