慶応大、脊髄損傷患者にiPS細胞=厚労省が臨床研究を了承-将来は慢性期も視野

社会 暮らし 科学 技術

健康な人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経の細胞を作り、脊髄損傷の患者に移植する慶応大チームによる臨床研究計画を、厚生労働省の専門部会が18日、了承した。世界初の試みで、チームは今秋にも患者への移植を始める。

臨床研究を行うのは、岡野栄之教授(生理学)と中村雅也教授(整形外科学)らのチーム。岡野教授は同日記者会見し、「安全な治療を患者に届けられるよう頑張りたい」と語った。

対象は、けがなどで背骨の中を通る神経「脊髄」が傷ついた18歳以上の患者。手や足を動かせない「完全まひ」の状態で、治療効果を得やすいと考えられる損傷から2~4週間の亜急性期の4人を選ぶ。

京都大から健康な人のiPS細胞の提供を受け、神経のもととなる細胞に変えて、約200万個を損傷部に注入する。拒絶反応を抑えるため免疫抑制剤を半年用い、通常の患者と同じリハビリも行って、1年かけて安全性と効果を検証する。

変化しきれなかったiPS細胞が混ざっていると腫瘍化するリスクがあるため、腫瘍化を抑える薬剤を移植細胞に加えるなどの対策を講じる。

チームは、移植細胞が損傷部で神経細胞(ニューロン)などに変わり、神経の切れた部分をつなげたり、傷んだ組織を保護したりするとみている。サルやマウスの実験では運動機能の回復に成功したが、今回は安全のため細胞数を少なくしており、効果が得られるかは未知数だ。

まずは4人の患者に移植し、安全性が確認できれば、損傷から時間がたち回復が見込めない慢性期のうち、機能の一部が残っている「不全まひ」の患者を対象とする臨床研究に移る方針だ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 科学技術(理系的) 科学 技術