KDDI、東電と提携=携帯代、電気・ガス料金でセット割

経済・ビジネス

KDDI(au)が東京電力ホールディングスと提携することが18日、分かった。携帯電話代と電気・ガス料金をまとめて払えば、数%程度の割引を受けられる。KDDIは通信契約の解約の抑制を、東電は契約世帯数の拡大をそれぞれ狙う。

KDDIは近く、東電傘下の電力小売り事業者「東京電力エナジーパートナー」と組んでサービスを開始。携帯代と電気・ガス料金をまとめると、携帯代の支払いなどに充てられるauのポイントを数%程度付与する形で割り引く。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収