ホンダ、22年に英工場閉鎖=19日にも発表-テレビ報道

経済・ビジネス

【ロンドン時事】英スカイニューズ・テレビは18日、ホンダが英南部スウィンドンにある同社工場を2022年に閉鎖する見通しだと報じた。日本国内の工場に生産を移管する公算が大きいという。19日にも発表される可能性がある。

正式に決めれば、欧州連合(EU)離脱で揺れる英国での生産から撤退する初の大手日本車メーカーとなる。3月末のEU離脱を控えて経済の先行き不透明感が強まる英国にとっては、打撃となりそうだ。

スカイによると、EU離脱以外の要因が決断の背景にある。ロンドン近郊の欧州事業本部は存続させる方針。

スウィンドン工場は1980年代に操業開始。92年から乗用車の生産を始め、2018年は英乗用車生産の10%強に当たる約16万台を生産した。従業員数は約3500人。

ホンダは、英工場で生産する自動車の一部部品をEUから輸入。完成車の一部はEUなどに輸出している。同社の関係者は英議会の公聴会で、EU離脱後も円滑な貿易体制が維持されるかについて懸念を表明していた。

乗用車を生産するホンダの英工場=2009年10月、スウィンドン(AFP時事)乗用車を生産するホンダの英工場=2009年10月、スウィンドン(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国際業務 その他企業(事業継続BCP・リスク管理)