元同級生2人に賠償命令=中2男子いじめ自殺-大津地裁

社会 暮らし

大津市で2011年、中学2年の男子生徒=当時(13)=が自殺したのはいじめが原因だとして、遺族が元同級生3人と保護者に計約3800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、大津地裁であった。西岡繁靖裁判長は「自殺の主な原因は元同級生の行為」と述べ、元同級生2人に計約3700万円の支払いを命じた。別の元同級生1人と保護者への請求は退けた。

西岡裁判長は「(2年生の)2学期から男子生徒に対する暴行などが次第にエスカレートした」と指摘。精神的に追い詰める行動の積み重ねで無力感・絶望感を形成させ、「自殺に及ぶことは予見可能だった」と述べた。

一方で、元同級生の1人については「一体となって関与していたとまでは言えない」と判断。保護者の監督義務違反も認めなかった。

判決によると、男子生徒は11年、元同級生から首を絞められたり、顔に落書きをされたりした。元同級生が体を押さえ付けて死んだハチを食べさせようとしたこともあり、男子生徒は同年10月に自宅マンションから飛び降り自殺した。

その後、学校が行ったアンケートで、男子生徒が自殺の練習をさせられるなど、いじめの存在が判明。市の第三者調査委員会は13年、いじめが自殺の「直接的要因」と認定した。

中2男子いじめ自殺訴訟の判決がある大津地裁に向かう遺族側の弁護士ら=19日午後、大津市中2男子いじめ自殺訴訟の判決がある大津地裁に向かう遺族側の弁護士ら=19日午後、大津市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 教育 暮らし