スマホ決済で銀行連合=みずほ主導、地銀半数と3月開始

経済・ビジネス

みずほ銀行は20日、預金者が銀行口座のお金をスマートフォンの専用アプリに入金して代金を支払える決済サービスを3月1日に始めると発表した。北海道、七十七、四国といった地方銀行53行のほか、三井住友信託銀行なども同じ仕組みを採用し、サービスへの参加は計57行となる。

全国の地銀104行の半数以上が加わるサービス名は「J-Coin Pay(Jコインペイ)」。スマホでQRコードを読み取ることで支払いができ、利用者同士で無料送金もできる。参加行全体で東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年までに650万以上の利用者と、30万以上の加盟店を獲得し、現金を用いないキャッシュレス決済の裾野を広げる考えだ。

みずほフィナンシャルグループが発表したQRコードを活用するスマホ決済サービス「Jコインペイ」=20日午後、東京都千代田区みずほフィナンシャルグループが発表したQRコードを活用するスマホ決済サービス「Jコインペイ」=20日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 新サービス 北海道