ソニー、研究開発人材を2割増=半導体も重視-20年春入社採用

経済・ビジネス

ソニーは21日、2020年4月入社の新卒者採用方針を発表した。国内の新卒採用数は400人と前年と同水準だが、研究開発に携わる人材を2割増やす。画像用半導体「CMOSイメージセンサー」で世界首位を目指すため、人工知能(AI)を軸に半導体関連の職種の採用も強化する。

ソニーは20年度までの3年間で半導体分野を中心に1兆円の設備投資を行う計画。320人を予定する技術職のうち、約4割を半導体関連に充てる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・賃金・福利厚生